葬儀・法事について


◉葬儀について  

 葬儀は故人さまが仏さまの弟子となり、成仏への道を進むための仏道入門の大切な儀式です。また家族・親戚だけでなく友人やご縁があった方々が、故人さまと最後のお別れをする大切な場所であり時間です。そして、故人さまから次世代へと、人とのつながりの大切さを伝える、最後の道しるべであると思います。
 もしもの時に備え、そのことについてご家族さまとよく話し合って頂きたいと思います。また林叟院へも何なりとご相談下さい。
 そして万一、ご家族さまにご不幸があった時は、最初に必ず林叟院へご一報下さい。また、葬儀社に対して林叟院が菩提寺である旨を必ずお伝えください。


《ご遠方にお住いのお檀家様へ》
 
 ご遠方にお住いの方も、もしもの際は躊躇することなく先ずご一報ください。遠方であっても、予定を合わせて住職や副住職がお伺いし、そちらの式場にて通夜、葬儀を勤めさせて頂きます。

 

下のボタンから曹洞宗の公式冊子「もしものときは菩提寺へ」(PDFファイル)をご参照下さい。





◉法事について

 法事等のご依頼は直接お越し下さるか、お電話にてご依頼下さい。年忌供養等の依頼は半年前から受付しております。法事の営み方については、次のボタンから曹洞宗公式サイトの説明をご参照下さい。