林叟院の風景

本堂

本堂は間口約19メートル(10間半)、奥行約13.6メートル(7間半)、入母屋(いりもや)造り、瓦葺。
現在の本堂は文化5年(1808年)、32世佛州禅師の代に建てられたものである。

林叟院本堂外観林叟院本堂内観

 











本尊

本堂正面須弥壇(しゅみだん)上に奉られる本尊は如意輪観世音菩薩
(にょいりんかんぜおんぼさつ)、その両脇に奉られる脇侍(わきじ)は
四天王の内、多聞天(たもんてん)と持国天(じこくてん)である。
延宝6年(1678年)仏師運慶14代の孫、清水美濃守康信の子、
喜内高利の作と伝えられている。


本尊如意輪観音像 多聞天像 持国天像





                              






                                開山堂

                                    本堂内左奥の階段を上りきるとそこは開山堂である。奉られる三体の木像の内、
                                    中央が林叟院の御開山“崇芝性岱(そうししょうたい)禅師”、
                                    右が永平寺開山高祖道元禅師、左が林叟院の事実上の開山で二世の
                                    ”賢仲繁哲(けんちゅうはんてつ)禅師”である。


開山堂

坐禅堂

雲水(修行僧)が修行に励んだ様がしのばれる、坐禅の道場である。
最初の坐禅堂は焼失したとみえ、元和7年(1622年)に再建、
これも元禄15年(1703年)に焼け、現在のものは享保13年
(1729年)に建てられたと伝えられる。
中央に奉られるのは「文殊(もんじゅ)の知恵」で知られる文殊菩薩、
昔から雲水の修行を見守り続けてきた。
今もなお一般参禅者によって生きた修行の道場であり続ける。
坐禅のご案内
















坐禅堂外観坐禅堂文殊菩薩像坐禅堂坐禅風景













                           庫裡

                               庫裏は入母屋(いりもや)造り瓦葺、間口約11メートル(6間)、
                               奥行き約22メートル(12間)で、文化5年(1808年)
                               二十一世佛州(ぶっしゅう)師の代に建築された。




庫裡

経蔵

木造一重桟瓦葺(いちじゅうさんかわらぶき)、方形(ほうぎょう)造り。
内部は正面奥に仏壇、中央に八角形の輪蔵(りんぞう)、
格天上(こうてんじょう)で4.84メートル(16尺)四面。
 経蔵は一切経などの経典を納めておく蔵で、内部中央の輪蔵は回転し、
それを回転させることにより収納されている経典の功徳を得られるとされる。
二十世心牛祖印(しんぎゅうそいん)師が発願し、明和8年(1771年)に
工匠(こうしょう)石川市之丞(いしかわいちのじょう)及び
その子、権右衛門により上棟された。
師は中央の輪蔵に一切経全6930巻を
納めることを目標としたが、
その一部950巻を収納できたのみと
伝えられている。
平成23年の開山500回忌事業として
外壁、輪蔵ともに修復された。
昭和42年12月焼津市指定文化財指定。





                        扉を開き輪蔵を拝す

経蔵内輪蔵経蔵外観

       




                      衆寮(しゅりょう)・庭園

                         衆寮はかつて多くの修行僧が起居の生活を共にしいていた。
                         間口約6メートル(3間半)奥行き約9メートル(5間半)の寄棟造りで4つの部屋に分かれている。

                         その衆寮から池を有する美しい庭園を眺める事が出来る。
                         流れる水音に一層心が落ち着いていく。
                         池を挟んだ向かいには右手に稲荷大明神、左手には不動明王が奉られている。



















衆寮庭園

 




















鐘楼(しょうろう)

木造入母屋造(いりもやづく)り桟瓦葺(さんかわらぶき)、袴腰付(はかまごしつき)、
二軒(ふたのき)繁垂木(しげたるき)、勾欄付(こうらんつき)といわれる形式。
間口奥行き共に2.83メートル(9.34尺)、高さは約7.6メートル。
別名で鐘撞堂(かねつきどう)とも言う。宝永3年(1706年)の創建といわれてきたが、
平成14年度の修復の際、天保15年(1844年)の棟札と棟束(むねづか)に墨書が確認されている。
梵鐘をつるすのに袴腰付形式のものは少ない。昭和47年5月焼津市指定文化財指定。

鐘楼外観


                     











                      宝篋印塔(ほうきょういんとう)

                          境内にあり本堂と向かい合わせに立つ石塔で高さは約2.6メートル。
                          宝篋印塔(ほうきょういんとう)の名は「宝篋印陀羅尼(ほうきょういんだらに)」
                          という経典を納めたことに由来する。
                          塔身の四面には四仏(阿弥陀如来・弥勒菩薩・薬師如来・釈迦如来)
                          を表わす種字(しゅじ)が刻まれている。
                          建立年代は不明だが、寛政3年(1791年)の林叟院古図には既に記録されている。
                          昭和61年9月焼津市指定文化財指定。

宝篋印塔








林叟院寺紋

開基家である長谷川家の“左三つ藤巴”が寺紋とされている。
江戸時代の火付盗賊改役で“鬼の平蔵”で知られる
長谷川平蔵宣以(のぶため)は開基家の末裔(まつえい)であるため、
その時代劇などにはこの紋が度々登場する。
写真は玄関入って庫裡正面上部に掲げられている木彫りの紋。


林叟院寺紋

                         







                           開基 長谷川正亘夫妻墓所

                               参道を上り、境内から右側の道を更に50メートル程上った所に当院開基、
                               長谷川次郎左右衛門正宣(じろうざえもんまさのぶ)夫妻の墓所がある。
                               長谷川正宣はまたの名を法永居士(ほうえいこじ)といい、
                               永正10年6月1日、87歳の長寿を全うして没した。
                               賢仲禅師が亡くなって4年目のことで、ここ林叟院に葬られた。
                               戒名は「林叟院殿扇庵法永大居士(りんそういんでんせんなんほうえいだいこじ)」、
                               その妻は「長谷寺殿松室貞椿大姉(ちょうこくじでんしょうしつていちんだいし)」という。
                               

開基 長谷川正亘夫妻墓所